後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【瓦屋根】漆喰の重ね塗りは雨漏りに繋がる危険なリフォーム工事です。

悪質なリフォーム業者の被害にあわれた瓦屋根に遭遇しました。 瓦屋根…特に「和形」といわれる日本瓦の屋根において多く見られる間違ったリフォーム工事に「漆喰の重ね塗り」があります。 こちらが悪質なリフォーム業者によって施工された「漆喰の重ね塗り」…

松下電工の屋根材【フルベスト(900シリーズ)アレナ・トレス】

【アレナ・トレス】 平成11年~14年にかけて松下電工(現:パナソニック)から発売されていた屋根材です。 石綿含有率は5%以下です。

台風などで被災した屋根の養生について【コロニアル編】

この度の台風15号及び19号で被災された皆様へ、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。 台風などの自然災害において被災した屋根は、屋根材の種類や被災状況により雨養生などの方法も変わってまいります。 コロニアルな…

ニチハの屋根材【パミール】の上にカバー工法をしてはいけない本当の理由

かつてニチハが製造した屋根材【パミール】に発生している様々現象については、皆様すでにご存知のことと思います。 ここで問題となるのは、運悪く自宅の屋根がパミールだった場合の改修工事の方法です。 まず一般的なスレート系屋根材(コロニアルなど)に…

松下電工の屋根材【ワンダ・セラ(ワンダシリーズ)】

松下電工から発売されていた屋根材【ワンダ】シリーズのひとつがこちらの【ワンダ・セラ】になります。 ワンダ・セラ以外には「ワンダ・ストーン」と「ワンダ・ストーンⅡ」という屋根材が発売されておりました。 働き寸法は横が685mm、縦は300mmで、厚みは13…

パミールよりも酷い?築15年前後のコロニアルNEOの実態とは?

クボタ(現在のケイミュー)よ、お前もか… アスベスト(石綿)が含まれなくなったスレート系屋根材は「欠陥」と言っていいくらい不具合が発生しています。 クボタ(現在のケイミュー)のザルフやコロニアルの塗装工事中に発覚した、屋根材の異常な割れが立て…

築15年前後のコロニアルが危ない!いまコロニアルに起きている問題とは?

今年に入ってからコロニアルなどのスレート系屋根材に纏わるご相談が増えております。 その多くは外装リフォーム中に屋根を塗装するため高圧洗浄をしたことによって発生しております。 築15年前後のコロニアルは、製造メーカーの推奨する塗装などのメンテナ…

クボタ(現:ケイミュー)製屋根材【ザルフ】に発生している不具合事例

クボタ(現:ケイミュー)で製造された屋根材のひとつ「ザルフ」について、多くのトラブルが多発しております。 (クボタ製の屋根材「ザルフ」) ザルフは1997年(平成9年)から2001年(平成13年)11月まで製造・販売され、発売当初はアスベスト(石綿)が0.…

松下電工の屋根材【シンフォニーグランデ(ピュアベスト900シリーズ)】

松下電工の屋根材「シンフォニーグランデ」は、平成14年~平成18年8月まで製造・販売されていました。 この屋根材にはアスベスト(石綿)は含まれておりません。 経年によってはほぼ同時期に発売されていた同じ松下電工の「レサス」のように、屋根材に軽微な…

松下電工のアスベスト含有屋根材【ニューフルベスト24(600シリーズ)】

(ニューフルベスト24) (ニューフルベスト24) (ニューフルベスト24) 松下電工から発売されたスレート屋根材、フルベスト(600シリーズ)です。 フルベスト(600シリーズ)には以下の種類が製造されていました。 フルベスト24-05(昭和53年~昭和57年) …

築12年~18年のコロニアルは要注意!屋根塗装をしても発生する特有の症状をご紹介します。

平成13年(2001年)4月以降に製造されたクボタ(現在のケイミュー)のコロニアルNEOは、経年によって屋根材にクラックが入る事例が多数報告されております。 この症状は屋根を再塗装された場合でも発生しており、塗装後数年以内に新たなクラックが発生してい…

雨の季節に多いトラブル...雨樋からの水漏れの原因とは?

関東地方は先週から梅雨に入りました。 梅雨時に限らず雨が降って発生するトラブルのひとつに「雨樋からの水漏れ」がございます。 雨樋からの溢れ落ちる水の音は想像以上に大きな音になります。 この音が原因で夜中に目が覚めたりご近所様との間でもトラブル…

屋根の葺き替え工事と同時が効果的!天窓交換工事の様子をご紹介します

築25年のコロニアル屋根、今回屋根の葺き替え工事と併せて古くなった天窓(トップライト)も交換することになりました。 天窓を交換するためには天窓周辺の屋根材を撤去する必要があります。 よって屋根を葺き替えるのであれば、併せて天窓を交換する絶好の…

天窓(トップライト)からの雨漏りは、カバー工法による屋根重ね葺き工事では直すことはできません

屋根についている天窓(トップライト)は、空の広がりや自然光を家の奥まで採り入れることが出来る反面、「眩しい」「暑い」という悩みを抱える方もいらっしゃるようです。 更に天窓から雨漏りが発生することも珍しい話ではなく、これまでに多くの方よりご相…

瓦屋根で漆喰補修(漆喰修理)を勧められたときに注意すべき点は?

外壁塗装(塗り替え)工事のときに勧められる工事のひとつに「漆喰補修工事」があります。 これは瓦屋根に該当するもので、悪質なリフォーム業者がよく指摘する項目でもあるのですが、屋根に関する知識を持ち合わせていないために間違った施工をされているケ…

【屋根葺き替え工事】モニエル瓦から三州陶器瓦(鶴弥スーパートライ110スマート)へ

モニエル瓦から三州陶器瓦へ… 2月13日より開始した、屋根葺き替え工事が完了しました。 今回使用する瓦は三州瓦メーカー「鶴弥」 さんの【スーパートライ110スマート】という平板(F形)瓦を使用します。 既存のモニエル瓦と比較した場合、若干ではあります…

【モニエル瓦(ホームステッド)】剥がした瓦を修理用にストックしました。

本日より着手した屋根葺き替え工事、今回はモニエル瓦(ホームステッド)から三州陶器瓦(鶴弥・スーパートライ110 スマート)への葺き替え工事です。 本日剥がしたモニエル瓦はすでにメーカーが日本から撤退しており、入手が非常に困難な屋根材です。 よっ…

レオパレス問題は氷山の一角…建築現場のウラと闇

レオパレスの施工現場で発覚した施工不良問題、これは建築現場で日常的に発生しているもので、云わば「起こるべくして起こった」ものだと私は考えます。 レオパレスのとあるオーナー家族が室内の壁に穴を開けて調査したところ、図面に記載された資材とは全く…

屋根(コロニアル)を塗装する本当の目的は?

外壁の塗り直し工事と一緒に行われることの多いコロニアル屋根の塗装工事ですが、コロニアルは塗装をしたからといって防水性能が向上することはありません。 ではコロニアルを塗装する目的とは一体なんでしょう? コロニアルの塗装はあくまでも美観の維持・…

【屋根葺き替え工事】コロニアルからコロニアルグラッサへ、2日で葺き替え工事は完了しました

コロニアルなどの屋根葺き替え工事はカバー工法と比較して日数が掛かる思っていませんか?実は葺き替え工事のほうが早く終わるかもしれませんよ!またその費用も断然葺き替え工事のほうがお得かも...

ゴリラ警視庁捜査第8班で使用された三菱デボネアを激写!

【三菱デボネアV 3000 ロイヤル AMG】 コードナンバー:G3 神田正輝さん演じる風間有悟の専用車。 マフラーの錆が気になるところ。 激しいアクションが多かったためか、エアロパーツにもダメージが見られる。 ルーフ中央には反転式警光灯が装備される…

ゴリラ警視庁捜査第8班に登場した三菱パジェロ現れる

昨年の12月24日、東京都府中市にある村山商事さんにて【ゴリラ・警視庁捜査第8班】で実際に使用された三菱パジェロに遭遇することが出来ました。 【三菱パジェロ】 コードナンバー:G4 メインドライバーは谷川竜さんですが、たまに渡哲也さん、舘ひろしさん…

【三菱エクリプス2000GSターボ】ゴリラ警視庁捜査第8班で活躍した車両③

【三菱エクリプス 2000GSターボ(AT)】 コードナンバー:G5 それまでG5だったミラージュサイボーグに代わって、田中美奈子さんの専用車として第34話より登場しました。 ベース車は三菱自動車が日本導入に際して先行輸入したFFターボ車「GS-T」で、日本では未…

【三菱スタリオン2600GSR-VR】ゴリラ警視庁捜査第8班で活躍した車両①

【ゴリラ・警視庁捜査第8班】 1989年4月2日から1990年4月8日まで、テレビ朝日系で放送された石原プロモーション制作の刑事アクションドラマで、「ただいま絶好調!」以来、石原プロモーションが3年半ぶりに制作したテレビドラマで、「西部警察」の姉妹的な…

西部警察で活躍した舘ひろしさんの愛車②【スズキ カタナR】

スズキ カタナR ベース車両はスズキ・カタナ PARTⅢの第60話から最終回まで使用された。 後年に発売された市販車ではなく撮影用のオリジナル改造車で、レース出場車両として製作していたものを警察車両に転用したものである。 エンジンは元々レース用として…

【一括見積】では優良な屋根業者を紹介されることはまずありえません!

屋根の修理やリフォームを考えとき「どこに頼めばいいのだろう」と悩まれると思います。 そんなときに便利だと思われるのが【一括見積サイト】です。 しかし、この一括見積サイトに登録されている業者の多くは屋根に関する知識を持ち合わせておりません。 屋…

【瓦屋根】リフォーム業者や塗装業者が勧める漆喰の塗り替えや重ね塗りは絶対にやってはいけない工事です。

本日は横浜市戸塚区へ屋根の調査に伺いました。 日本瓦の漆喰が剥がれているということでお邪魔したのですが… たしかに瓦の上に剥がれた漆喰の塊が散らばっています。 この状況を見た瞬間、察しがつきました。 これは起こるべくして起きた当然の結果なのです…

「見積無料」という集客サイトに潜む悪質なリフォーム会社の実態

外装リフォームを考えたとき、「他社より安く」「地域密着」「見積無料」といったページをご覧になったことがあると思います。 これらは「集客サイト」といって、まずサイト運営会社が大々的な宣伝を流し、それを見たお客様が問い合わせをすると、そのサイト…

【大田区】長年天窓(トップライト)からの雨漏りに困り果て天窓撤去工事を施工致しました!

長年屋根についている天窓(トップライト)からの雨漏りにお悩みのお客様より「天窓を塞いでほしい」とのご要望がございました。 天窓がついていることで明るく開放的な部屋になる反面、暑い・眩しいといった声や、施工不良・経年による雨漏りが発生すること…

ニチハ・パミールにおける補償について

ニチハの製造した屋根材「パミール」が生産を終了してから今年で10年を迎えております。 パミールに発生している数々の症状については今更多くを語る必要はないと思いますが、ここへきて製造したニチハの対応に変化が見られております。 今も多くお客様から…