後悔しないための本当に正しい屋根修理・屋根リフォームがここにある【屋根専門・石川商店のスピンオフブログ】

屋根業界にいるからこそ伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォームの工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

ザルフからバンビーノ・テゴラへ...屋根葺き替え工事が完了しました

f:id:yuttariyakumo381:20210710075400j:plain

(大和スレート バンビーノ・テゴラ)

 

今回ご紹介する屋根工事はクボタ(現在のケイミュー)が製造したザルフから大和スレートの「バンビーノ・テゴラ」への葺き替え工事です。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710082539j:plain

築20年を迎えたクボタのザルフ、ところが近くで工事をしていた業者から屋根材の割れを指摘されたことがきっかけで屋根に不安を持たれたお客様からのご依頼でした。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710082737j:plain

屋根に上ると屋根材が割れております。これはザルフ特有...というよりクボタの屋根材の特長といえます。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710070125j:plain

屋根材のひび割れ...これもクボタの屋根材に多く発生している現象です。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710065419j:plain

割れた小口が剥離しボロボロに...これらの不具合が原因で雨漏りに繋がる可能性はほとんどありませんが、数年前から敷地内に屋根材とも割れる欠片が目に付くようになったこともあり、今回屋根の葺き替え工事をお請けすることになりました。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710071319j:plain

既存屋根材を撤去したあと新規ルーフィングを施工します。

弊社では田島ルーフィング製のライナールーフィングを標準で採用しております。

改質アスファルトルーフィングの先駆けとなった防水性・耐久性共に他の追随を許さない最高級品質を誇るルーフィング材(下葺き材)です。

雨漏りを防ぐ最後の砦となるルーフィング材、ここには拘りもって施工を行っております。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710071623j:plain

こちらが大和スレートの「バンビーノ・テゴラ」です。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710071850j:plain

屋根材と下地とのあいだに通気層を設けることができるため、これまでのザルフと比較した場合、真夏の暑さを軽減させる効果も期待できます。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710075010j:plain

今回は屋根の葺き替え工事に併せてトップライト(天窓)の交換も行います。

屋根材の厚み(ザルフの5.2mmに対しバンビーノ・テゴラは6mm)が変わることと、トップライトの経年による雨漏りを防止する意味合いも含め、ベルックス製のトップライトへと交換させていただきました。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710075202j:plain

なお今回のトップライト交換工事の様子は別記事でご紹介したいと思います。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710075306j:plain

施工完了後。

 

f:id:yuttariyakumo381:20210710075400j:plain

まるで陶器瓦のような美しさを放っています。

 

【施工前】

f:id:yuttariyakumo381:20210710064128j:plain

 

【施工後】

f:id:yuttariyakumo381:20210710063832j:plain

 

気になる屋根の重量ですが、ケイミューの主力屋根材であるコロニアルグラッサが1坪あたり約68kgなのに対し、大和スレートのバンビーノ・テゴラもほぼ同等の数値となっております。

 

近年では屋根のリフォームとして古い屋根材の上から重ねて施工する「カバー工法」を選択される方も増えておりますが、建物への荷重を考慮すると古い屋根材を撤去して新しい屋根材を施工する「葺き替え工事」が断然おススメです。