後悔しないための本当に正しい屋根修理・屋根リフォームがここにある【屋根専門・石川商店のスピンオフブログ】

屋根業界にいるからこそ伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォームの工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

大建工業「ナチュール」という屋根材も…

f:id:yuttariyakumo381:20201014224552j:image

「ナチュール」という屋根材は、大建工業から発売された無石綿の屋根材です。

その影響でしょうか、やはり経年により屋根材にヒビが入ってくる事例が見受けられるようになりました。

f:id:yuttariyakumo381:20201014223930j:image

見た目は松下電工の「レサス」に似ているように見えますが、大建工業のナチュールは屋根材の幅がおよそ600mmなので、すぐに判断できます。

ヒビ割れが原因で雨漏りに繋がるようなことはありませんが、ヒビ割れが発生している状況のなかでは大建工業のナチュールも再塗装工事はお勧めできるものではありません。


f:id:yuttariyakumo381:20201014224552j:image

塗装業者さんのなかには様々な不具合の出ている屋根材に詳しい業者さんもいらっしゃいます。

外装リフォーム前には、ご自宅の屋根材はなにが使われているのか…その屋根材は問題が起きていないのか…それらを調べられたほうが、より良い外装リフォーム工事が出来ると思います。