後悔しないための本当に正しい屋根修理・屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【クボタ(現:ケイミュー)】築15年のグリシェイドNEO 屋根材不良について

グリシェイドNEO

平成13年9月にクボタ(現:ケイミュー)から発売されたスレート屋根材です。

 

ビルダー向けの屋根材として発売された屋根材のため、販売ルートは限定されておりますが、同社の「コロニアルNEO」同様多くの戸建住宅で採用されております。

 

ここ数年、ケイミューが製造したスレート屋根材には多数の不具合(主に屋根材のヒビ割れ)が発生していることが確認できておりますが、特に築15年前後の屋根材に発生している不具合は想像以上です。

 

【屋根材のヒビ割れ】

f:id:yuttariyakumo381:20200711071856j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711071911j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711073100j:image

グリシェイドNEOに限らず、ケイミューの製造したコロニアルNEOやザルフなど、まず初期症状として軽微なヒビ割れが発生します。

 

【屋根材の割れ】

ヒビ割れた状態で数年経過すると屋根材が割れてきます。

f:id:yuttariyakumo381:20200711072239j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711072301j:image

ヒビ割れが発生した部分に雨水が浸透することで屋根材の基盤にもダメージを受けるのか、屋根材が剥離することもあります。


f:id:yuttariyakumo381:20200711072517j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711072857j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711072908j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711072928j:image

 

【屋根材の反り上がり】

クボタの屋根材には独特の「反り上がり」も発生している場合があります。

f:id:yuttariyakumo381:20200711071232j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711071251j:image


f:id:yuttariyakumo381:20200711071327j:image

 

これらの不具合が発生しているにも関わらず、製造元であるケイミューは原則「築10年を越えたら補償外」としています。

 

しかしほぼ同時期に「パミール」を製造、販売していたニチハでは、築10年を越えていても補償を行っています。

 

グリシェイドNEOは大手ハウスメーカーだけでなく、多くのハウスメーカーで採用されていた屋根材です。

 

今度数年以内に更に多くの方がこの問題に直面されることでしょう。

 

そのときに被害を受けるのは…屋根材の不具合を知らされていない居住者の方、それはもしかしたらあなたかもしれません。