後悔しないための本当に正しい屋根修理・屋根リフォームがここにある【屋根専門・石川商店のスピンオフブログ】

屋根業界にいるからこそ伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォームの工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

2001年~2008年までのコロニアルNEOは要注意!

 

平成13年(2001年)4月以降に製造されたクボタのコロニアルNEOは、それまでのスレート屋根材に含まれていたアスベスト(石綿)が使用できなくなったことによって、屋根材の強度が弱くなっております。

 

これはコロニアルNEOだけに発生していることではありません。

 

当時クボタ(現在のケイミュー)から発売されたその他のスレート屋根材(ビルダー向けの専用商品であるグリシェイドNEO、ザルフなど)にも同様の問題が発生しております。

 



 

 

コロニアルNEOの後継商品である現行の屋根材「コロニアルクァッド」が発売されたのが2008年。

 

つまり2001年~2008年に建てられた住宅において使用されているコロニアルNEOには多かれ少なかれ同様の問題が発生しているといえます。

 

見た目に異常はなくても屋根リフォームで再塗装工事を行うために高圧洗浄をしたら屋根材が多数割れて塗装できないという事例も多発しております。

 

その時点でお施主様への報告があればまだ良いのですが、割れが発生した状況でも塗装工事を強行するケースも見受けられ、塗装後数年経った時点で問題が発覚することもあります。

 

これは最初の調査の時点での見落としがあること、そしてコロニアルNEOに起きている問題を知らない施工業者さんが多いことが大きな要因だと考えます。

 

2001年~2008年にかけて新築された方におかれましては、すでに屋根の塗り替えをされた方も多いと思います。またこれからリフォームをしようとご検討されている方もいらっしゃると思います。

 

トラブルを未然に防ぐためには、屋根の専門業者による屋根の点検調査が必要です。

 

この記事が少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。