後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

パミールよりも酷い?築15年前後のコロニアルNEOの実態とは?

クボタ(現在のケイミュー)よ、お前もか…

 

アスベスト(石綿)が含まれなくなったスレート系屋根材は「欠陥」と言っていいくらい不具合が発生しています。

 

クボタ(現在のケイミュー)のザルフやコロニアルの塗装工事中に発覚した、屋根材の異常な割れが立て続けに発覚したことをうけ、今回は外装リフォーム工事のご提案前に屋根の調査を実施することになりました。

 

遠目で見ても屋根材の反り上がりが見受けられ、すでに数枚割れていることが確認できましたが、いざ屋根に上ると、あまりの酷さに愕然としてしまいました。


f:id:yuttariyakumo381:20190905145831j:image


f:id:yuttariyakumo381:20190905150035j:image


f:id:yuttariyakumo381:20190905150719j:image

コロニアル特有のヒビ割れは縦方向と横方向にヒビが入っている傾向があります。


f:id:yuttariyakumo381:20190905150103j:image

ヒビ割れが進行した結果、屋根材が完全に割れズレが発生しております。


f:id:yuttariyakumo381:20190905150157j:image

クボタの屋根材の不具合の中で最も酷いのがこの状態の劣化です。


f:id:yuttariyakumo381:20190905150638j:image

屋根材の角が溶けたように失くなっているのです。


f:id:yuttariyakumo381:20190905150651j:image

ニチハのパミールに発生しているミルフィーユ状の層間剥離よりも酷いように見受けられます。

 

築15年程度でこの劣化…

 

ニチハのパミールについては、築15年前後の物件であれば条件次第で補償の対象になっているのですが、さて、ケイミューさんの対応はいかがなものでしょうか?