後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

ニチハ・パミールに太陽光発電システム、その改修工事の方法は?

ニチハ・パミールは施工後10年前後で屋根材表面の剥離が始まります。

この剥離はお住まいの地域によって異なりますが、早い方で8年前後、遅くても12年前後でほぼ間違いなく起こってしまいます。

このパミールにだけ発生する屋根材表面の剥離が、ここへきて大きな問題が発生しつつあります。

それは「太陽光発電システムを設置したパミールの改修方法」です。

f:id:yuttariyakumo381:20170615231656j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20170615235145j:plain

パミールの改修工事として、本当に正しいリフォーム工事は「葺き替え工事」だと言うことは、先日のブログでもご説明しております。

f:id:yuttariyakumo381:20170615234630j:plain

では太陽光発電システムを設置してしまった場合はどうしたら良いのか?

これは太陽光パネルと架台システムを一度取り外し、新しく屋根材を施工した後に改めて太陽光発電システムを設置する工事が正解です。

その理由は、二重屋根構造への太陽光パネル設置は原則禁止されているからです。

「二重屋根構造」とは、ニチハ・パミールの改修工事として行われている「カバー工法(重ね葺き)」も含まれております。

よって耐用発電システムを再設置することが前提であれば「葺き替え工事」しか方法がないということになります。

また葺き替え工事に際して、新しい屋根材を慎重に検討する必要がございます。

最低でも太陽光パネル(モジュール)の保証期間内は、屋根のメンテナンスが不要な屋根材を選ぶことをお勧めします。

ちなみに私のお勧めはケイミューのコロニアルグラッサ、又はコロニアル遮熱グラッサです。

f:id:yuttariyakumo381:20170615235211j:plain