後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根の葺き替え工事は最短1日で完了!それでも「カバー工法」を選びますか?

2018年もすでに2月に入りました。

今年はすでに10件の屋根葺き替え工事を行っておりますが、そのうちの9件は、なんとニチハの製造した屋根材「パミール」の葺き替え工事です。

そんなニチハのパミールに目を光らせているのがいわゆる「リフォーム会社さん」です。

ある情報によりますと、コロニアル屋根のお客様宅へ突然訪問し、ボロボロになったパミールの写真を見せながら「お宅の屋根材はパミールと言って数年後にボロボロになりますよ」という手口が横行しているそうです。

まるで詐欺のようなお話ですが、本当にあったお話しです。

f:id:yuttariyakumo381:20180205213711j:plain

こちらがクボタ(現:ケイミュー)のコロニアル。

f:id:yuttariyakumo381:20180205213809j:plain

こちらがニチハのパミールです。

ちなみにニチハのパミールへは「塗装工事」は絶対に行ってはダメです。

知らないで塗装をしてしまうと...

f:id:yuttariyakumo381:20180205213946j:plain

数年後には間違いなく上の写真のような状態になります。

 

悪質なリフォーム営業には、くれぐれもお気をつけください。

 

そんな中で、多くのリフォーム会社さんが勧める屋根のリフォーム工事が、既存の屋根材を撤去せずに施工をする「カバー工法(重ね葺き工事)」です。

そもそもカバー工法のメリットとして言われていることは

① 廃材撤去費、処理費が発生しないため費用を抑えることが出来る。

② 工期が短縮できる。

といったところです。

たしかに既存屋根材を撤去する必要がないので、工期が短いと思われがちです。

しかし、このカバー工法が有効なのは築30年以上経過したアスベスト(石綿)が含まれる屋根材へのリフォーム工事において「ある程度」は有効な工事なのです。

築年数が10年~20年でアスベストを含まない屋根材に対しての「カバー工法」は、将来的に屋根リフォームに多大な費用が発生します。

 

屋根の葺き替え工事は条件次第で1日で終わる!

 

屋根のリフォームにおいて、既存の屋根材を撤去し新しい屋根材を施工する「屋根の葺き替え工事」が、なんと最短1日(足場工事を除く)で完了することをご存知でしょうか?

f:id:yuttariyakumo381:20180205214519j:plain

こちらは都内某所で施工した、屋根葺き替え工事の着手前の状態です。屋根材はあのニチハ・パミールです。

朝から作業を開始した屋根の葺き替え工事。

f:id:yuttariyakumo381:20180205214844j:plain

手慣れた施工スタッフはケタ違いのスピードで既存のパミールを撤去すると...

f:id:yuttariyakumo381:20180205214608j:plain

アッという間に施工が完了、ここまでおよそ6時間程度です。

屋根形状にもよりますが、およそ30坪(およそ99㎡)程度であれば、ほぼ1日で屋根の葺き替え工事は完了させることが可能です。

ちなみに費用のほうですが、多くのリフォーム会社さん(例えば○○○○建創とか)が提出されたカバー工法の見積りよりも、弊社がお見積りさせていただいたコロニアルグラッサ(ケイミュー)を使用した「葺き替え工事(ルーフィング材は改質アスファルトを使用)」のほうが安く施工することが出来ました。

 

先にも述べましたが、最近のリフォーム業者さん(特に塗装業者さん)は、築年数が比較的浅い建物(10年~20年未満)に対しても、すぐに「カバー工法(重ね葺き工事)」を勧めているケースが多いことは、すでに周知の事実です。

 

しかし、築年数の浅いアスベストを含まないコロニアルなどのスレート系屋根材への改修工事として、この「カバー工法」は本当に正しい改修工事と言えるのでしょうか?

 

これらの屋根に対しての本当に正しい改修工事、それは...

既存の屋根材を撤去する「葺き替え工事」

 

 

なのです。

 

西部警察に登場した特別機動車両「サファリ」を徹底解析!

特別機動車両 サファリ4WD

f:id:yuttariyakumo381:20171226214754j:plain

ベース車は日産・サファリ エクストラバン(VRG160型)

PARTⅠ第111話「出動命令 特車“サファリ”」で初登場。

特別機動車両隊(通称:特機隊)の旗艦となる指令車で定員は3名。

劇中ではこの車両は大門が発注した唯一の車両である 

ナンバーはPART-I第111話〜第116話までは「品川88そ49-31」、PART-I第117話〜PART-II第11話までは「品川88た71-11」、PART-II第18話以降は「品川88た11-10」。PART-II第29話のみ「品川88た15-22」。

ドライバーはPARTⅠでは苅谷俊介さん演じる源田刑事が、PARTⅡ以降は御木裕さん演じる北条刑事と峰竜太さん演じる平尾刑事がメインだった。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193349j:plain

フロントバンパーは延長され、直径40mmの鋼管製グリルガード、IPF製(当時はシビエ製)のフォグランプなどが追加されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193317j:plain

フロントバンパー装備された散水銃2門(第1、第2放水銃)

f:id:yuttariyakumo381:20171206193628j:plain

本編では使用されることのなかったウインチは、4.7トンまで耐えられる。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223009j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171226223032j:plain

ルーフはスライド式。劇中では電動で開閉が可能だったが、実際はスライド後に支柱を立てて支えていた。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223501j:plain

ルーフをオープンさせたときの支柱の根元。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223539j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113191037j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206193842j:plain

サーチライトにパトライト、ルーフの高圧放水銃2門(第3、第4放水銃)、潜望鏡式ビデオカメラ・レーダーを装備し、無線だけでなく電話回線の傍受・盗聴も可能。

f:id:yuttariyakumo381:20180113193953j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113193743j:plain

放水銃は脱着式。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193506j:plain車内後部配置された大型コンピューター。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193413j:plain

ビデオカメラで録画された映像は車内のモニターで見ることができる。自動車電話も装備されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226215059j:plain

丸い画面は50km四方を探知可能なサーチレーダー。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193441j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206193529j:plain

助手席側後部ドアの窓部分。窓ガラスではなく跳ね上げ式の扉に変更されている。車内側には都内の地図が掲示されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221303j:plain

助手席側、最後部の窓も塞がれ跳ね上げ式の扉へと変更されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226215324j:plain

車内からみた助手席側最後部の跳ね上げ式の扉。やはり地図が掲示されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193653j:plain

ホイールはエンケイBAJA

f:id:yuttariyakumo381:20171206193717j:plain

タイヤサイズはフロントが7.00-15 8PR。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221630j:plain

リアは7.5-15 10PR、RIKENのLT7が装着されている。

f:id:yuttariyakumo381:20180113192444j:plain

通常マフラーは後方に配置されるが、リアには放水用の配管が装備されているためサイドマフラーに変更されている。

f:id:yuttariyakumo381:20180113190931j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113190942j:plain

リアゲート(リアハッチドア)はノーマル同様に観音開き。

f:id:yuttariyakumo381:20180113191002j:plain

かつてマイカル小樽にあった「石原プロワールド・西部警察」内で展示されていたときにはリアシートが撤去されていた記憶が...。

f:id:yuttariyakumo381:20171226222215j:plain

タンク車を牽引するためのフック。ただ残念ながらタンク車は現存していない。

f:id:yuttariyakumo381:20171226222412j:plain

タンク車からの給水に使用される水栓。(写真は助手席側で運転席側にも同様の水栓が配置される)

f:id:yuttariyakumo381:20171226222758j:plain

運転席側最後部に設置されたアンテナ。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221845j:plain

車内の様子。ステアリング、その他は基本的にノーマルのまま。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221954j:plain

シフトレバー手前に配置されているナゾの機器、展示の際の電源装置と思われる。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193803j:plain

走行距離は7828km、ガゼールを除いた特殊車両のなかではいちばん走行距離が少ない。

制作期間は6か月、制作費用は5000万円だったとか...。

PART-III第52話が最後の出番となり、以降本編に登場することはなかった。

そのため特殊車両の中では登場回数がいちばん少ない。

f:id:yuttariyakumo381:20180113195141j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113195411j:plain

2016年1月に調布市政施行60周年イベントではマシンXと、ゴリラ・警視庁捜査第8班に登場したガルウィング・スタリオンと共に展示されておりました。f:id:yuttariyakumo381:20180113194831j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113190031j:plain

現在は西部警察に登場した数々の劇用車と共に東京・府中市にある「村山商事」さんで大切に整備・保管されております。

西部警察で活躍した車両たち⑥ 【舘ひろしさんの愛車 スズキ GSX1100S カタナ】

スズキ GSX1100S KATANA

f:id:yuttariyakumo381:20171127204023j:plain
西部警察PARTⅡから使用された舘ひろしさん演じる鳩村刑事専用のバイクです。 

 

f:id:yuttariyakumo381:20171127202353j:plain
オリジナルのカラーリングとは一線を画し、舘ひろしさんの希望により黒を基調とするものにリペイントされたようです。

フロントウインカーとマフラー、テールカウルは社外品へと変更され、サイドミラーも外されておりました。

f:id:yuttariyakumo381:20171228162814j:plain

走行距離は2553km。

f:id:yuttariyakumo381:20171127202354j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171127210003j:plain


f:id:yuttariyakumo381:20171127210543j:image

西部警察で活躍した車両たち⑤ 石原裕次郎さんが愛した車両【日産 ガゼール・オープン】

ベース車は日産・ガゼール2000XE-II(S110型)
f:id:yuttariyakumo381:20171122210643j:imageナンバーは「品川58た25-78」(初登場時は「品川88い・・77」)。言わずと知れた故・石原裕次郎さん演じる木暮捜査課長の専用車です。ナンバーは、初回初登場シーンでは「品川88 い ・・88」となっていますが、途中から「品川58 た 25-78」「品川56 た 26-39」と変わっていることもある。
f:id:yuttariyakumo381:20171122210751j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122210809j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122210824j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122211049j:image
グローブコンパートメントに警察無線のモニターレシーバー、センターコンソールに自動車電話のハンドセットを装備している。
f:id:yuttariyakumo381:20171122214211j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122214228j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122214243j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122214257j:image

 幌は折りたたみ収納式ではなく、支柱を車体に挿して装着するタイプとなっている。

 他の車両と異なり特殊装備が無く、木暮課長専用車ということもありPART-I後半以降は登場機会が少なくなるが、PART-IIIまで登場している。

f:id:yuttariyakumo381:20171122214406j:image

走行距離は約6600km。
f:id:yuttariyakumo381:20171122211256j:image

車体側面に描かれた車名のロゴ。


f:id:yuttariyakumo381:20171122211318j:image

タイヤサイズは185/70-14、ホイールはエンケイのメッシュが装着されています。


f:id:yuttariyakumo381:20171122211334j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122211347j:image

搭載されるエンジンはZ20E型直列4気筒(2000cc)


f:id:yuttariyakumo381:20171122214322j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122214335j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171122211405j:image

ボンネットに描かれたグラフィックは、車名の由来となったカモシカの仲間である「ガゼル」をイメージしたものだそうです。
f:id:yuttariyakumo381:20171122214729j:image

ガゼールの隣には大門団長の専用車「スーパーZ」が展示されております。


f:id:yuttariyakumo381:20171122215823j:image

反対側には「サファリ」も展示されております。

【注意喚起】屋根の不具合や異常を指摘してくる業者にはくれぐれもご注意ください

すっかりご無沙汰しております。

 

最近は趣味である「西部警察」に登場した特殊車両のことで私だけ勝手に盛り上がっておりましたが、久しぶりに本業の「屋根」に関する話題をお届けしたいと思います。

 

通りすがりのリフォーム業者による訪問販売が横行しております!

 

世間を見渡すと「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」「還付金詐欺」「電話番号が変わった」「お金を取りに行く」など、手口が巧妙になっている昨今の詐欺行為ですが、ことリフォーム業界においては昔から手口が変わっていないのは、ある意味不思議な感じがします。

 

【事例①】

お宅の屋根の板金が浮いていて、今すぐ直さないと板金が飛んで行って大変なことになる。

 

【事例②】

近くで工事をやっているんですが、お宅の屋根を見たら板金が浮いているのが見えて気になって仕方ない。釘を数本打てば直るから修理させてほしい。

 

【事例③】

瓦が割れていて今すぐ直さないと雨漏りして家が潰れますよ。

 

【事例④】

親方に言われて来たんですが、屋根におかしいところがあるんで屋根に上らせてほしい。

 

事例を挙げればキリがありませんが、どのリフォーム業者も決まって「不安を煽る」のが特徴です。

 

私がお伺いしたお客様の中からお聞きしたそのリフォーム会社のひとつが、町田市に拠点を構える「○○○○建創」という比較的規模の大きなリフォーム会社さんでした。

 

大きな会社であっても、こんな悪質なリフォーム営業をしないと商売がやっていけないのでしょうか?

 

それともこの会社の役員の知らないところで営業マンが勝手にやっていることなのでしょうか?

 

真相は存じ上げませんが、このようなリフォーム営業は今後も増えることはあっても減ることはないと思います。

 

しつこいリフォーム営業を撃退するには...

 

万が一不幸にもリフォーム営業から声をかけられてしまった場合の対策としては「身内がリフォーム関係の仕事をやっていますから」と言うと、あっさり引き返すようです。

 

しかし世の中には「怖いもの知らず」の営業マンもいるのです、

 

あまりにもしつこい場合なら、警察を呼ぶことも考えたほうが良いでしょう。

 

また、ご近所様同士で情報を共有するのも、悪質なリフォーム営業から身を守る手段でもあります。

 

悪質なリフォーム営業は、もしかしたらあなたの大切な住まいを狙っているかもしれません。

 

くれぐれもリフォーム詐欺の被害に遭われないよう、十分に気をつけてください。

西部警察で活躍した車両たち④ DR30型スカイライン【マシンRS-3(情報分析車)】

マシンRS-3は、西部警察PARTⅡ第15話「ニューフェイス! 西部機動軍団」でスーパーZと共に「マシンRS」として登場。

ベースは日産・スカイライン(DR30型2000RS、前期型)

ナンバーは「品川59た35-26」

西部警察PART ⅢでRS-1、RS-2がデビューしてからは「RS-3」となって「情報分析車」としての役割を担うようになった。

助手席をコンソール化して潰し、ここに全方向回転式サーチライトおよび赤外線・サーモグラフィ対応ビデオカメラ、コンピュータが設置されている。また車内後部(運転席後方)にコンピュータ、無線機、プリンターなどが搭載され、進行方向に対して横向きに取り付けられた座席で操作をする。

f:id:yuttariyakumo381:20171014133846j:plain

デビュー当時のマシンRS、三浦友和さん演じる沖田刑事がハンドルを握っていた。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135941j:plain

西部警察PARTⅢ第16話「大門軍団フォーメーション」より。

RS-1、RS-2のデビューに合わせエアロパーツや大型パトライトが装備された。

f:id:yuttariyakumo381:20171104191002j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171125221159j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171125221158j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014132946j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014133104j:plain

 f:id:yuttariyakumo381:20171014133944j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014133504j:plain

RS-3になりフォグランプと赤色回転灯がRS-1、RS-2と同じものに変更された。

f:id:yuttariyakumo381:20171014133247j:plain

ボンネット上に設置されたエアインテーク。

f:id:yuttariyakumo381:20171014133140j:plain

エアスプリットはエアロクラフト製。

f:id:yuttariyakumo381:20171014133432j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014134523j:plain

タイヤサイズはフロントが205/55-16、リアは225/50-16。オーバーフェンダーは取り付けられていない。

f:id:yuttariyakumo381:20171014134308j:plain

ルーフ上に装備された大型パトライトはRS-1と同じもの。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135247j:plain

リアトレイには赤色回転灯とプリンターが配置される。リアウィンドーバイザーはRS-1、RS-2と同じ純正オプションの「AD three」製。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135611j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014134624j:plain

リアスポイラーは純正オプション。

f:id:yuttariyakumo381:20171014134654j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014134719j:plain

全方向に回転が可能なサーチライトと赤外線、サーモグラフィに対応したビデオカメラ。

f:id:yuttariyakumo381:20171014134846j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171104190732j:plain

本編ではなかなか見ることのできなかった装備、助手席ドアに設置されたハンマーとレスキューキット。

f:id:yuttariyakumo381:20171014134803j:plain

ステアリングはナルディ製。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135000j:plain

後部右側に配置されたコンピューター。

f:id:yuttariyakumo381:20171014134929j:plain

モニター、キーボード、無線機などが配置される。信号分析(スペクトルアナライザー:周囲で使用されている電波の周波数、発信場所を分析する)、声紋分析(声紋を分析し、警視庁・科学警察研究所のデータベースと照合して犯人を割り出す)、前後レーダーで捉えた犯人車の逃走経路検索、カーナビイゲーションシステム、CACSシステム(自動車総合管制システム:目的地までの交差点形状、誘導表示や、周辺車両の位置、速度などの各情報を表示する)などの機能が使用でき、処理結果はCRTモニターに表示される。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135048j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014135159j:plain

助手席に配置された大型コンピューター。特殊無線機(組み込まれていたのは八重洲無線FT-707S)、信号操作装置(シグナルコントロール:進行方向の信号を直前の色に関係なく青に変えられる)およびECM装置(犯人側の電子機器を妨害する)などの操作盤を搭載している。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135905j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014135707j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014135732j:plain

エンジンは自然吸気エンジンのFJ20E型。

f:id:yuttariyakumo381:20171014135800j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171014135824j:plain

ボンネット裏側からみたエアインテーク。

f:id:yuttariyakumo381:20171104191052j:plain

(ハチマルミーティング2017にて)

西部警察で活躍した車両たち③ DR30型スカイライン【マシンRS-2(情報収集車)】

マシンRS-2は西部警察PARTⅢ第16話「大門軍団フォーメーション」からRS-1と共に登場しました。

ベースはRS-1と同じ日産・スカイライン(DR30JFT型2000ターボRS、前期型)

ナンバーは「品川59 た 35-28」

RS-2は「哨戒の任にあたる情報収集車」としての役割を与えられており、距離測定機、目標車識別装置(IFF)、平面および側面投影が可能なISAレーダー、微細な振動と音源をキャッチするセンサーなど、最新科学の粋を集めた機器が装備されております。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193058j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171125212008j:image
f:id:yuttariyakumo381:20171125212402j:image

f:id:yuttariyakumo381:20171013171306j:plain

フロントスポイラーに装備されたマーシャルのフォグランプと赤色灯はRS-1と同じ。

f:id:yuttariyakumo381:20171013170446j:plain

エアアウトレットとエアスプリットもRS-1と共通

f:id:yuttariyakumo381:20171013170600j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171013171045j:plain

タイヤサイズはフロントは205/55-16、リア225/50-16、ホイールはエンケイ・メッシュ4

f:id:yuttariyakumo381:20171013170657j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171013170621j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171206193133j:plain

車体後部側面に反転式の赤色回転灯が装備される。

f:id:yuttariyakumo381:20171013170801j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171013170937j:plain

リアトレイにも赤色回転灯を装備。

f:id:yuttariyakumo381:20171013171209j:plain

リアスポイラーはFET極東(エアロクラフト)製の「システム3」、エクストリームスプリットとリアウィンドーバイザーは純正オプションの「AD three」製。

f:id:yuttariyakumo381:20171013154600j:plain

リアバンパーから伸びる無線傍受用アンテナ。

f:id:yuttariyakumo381:20171013154720j:plain

リアバンパー下のスリットスポイラーもRS-1と共通。

f:id:yuttariyakumo381:20171013170042j:plain

逆ヒンジで開くトランク内には4連装特殊弾発射筒が装備され、無煙閃光弾、信号弾、曳光表示弾、発煙弾、催涙ガス弾の5種類の特殊弾を発射可能。ただし、劇中で使用されることはなかった。

f:id:yuttariyakumo381:20171013171516j:plain

シートはコルビューのGTBストライプ。乗車定員は2名で、石原良純さん演じる五代刑事と小林昭二さん演じる南刑事が乗車することが多かった。

f:id:yuttariyakumo381:20171031122959j:plain助手席側の床は鉄板張りのフラットフロアとなっており、シートを後部へスライドさせることでサンルーフからの安定した射撃が可能となっている。f:id:yuttariyakumo381:20171013151553j:plain

助手席に配備されたコンピューター、特殊無線機(警察無線、航空機無線、船舶無線、遭難自動通報無線、アマチュア無線、各種緊急無線等の送受信が可能。組み込まれていたのはアマチュア無線機の八重洲無線FT-77S)

f:id:yuttariyakumo381:20171013151707j:plain

平面および側面投影が可能なISAレーダーは、RS-2がデビューしたPARTⅢ第16話で一度だけ使用された。

その他センサー信号処理装置、パルスドップラーシステム、シグナルコントロール(旧マシンRSのものとは異なり進行方向の信号を青だけでなく赤にも変えられるようになっており、『PART-III』第47話で使用された)などを装備している。

f:id:yuttariyakumo381:20171013171736j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171013171638j:plain

エンジンはFJ20ET型DOHC4気筒ターボ、最高出力、最大トルクは共に未公表となっております。

f:id:yuttariyakumo381:20171013224243j:image
f:id:yuttariyakumo381:20171013223806j:image

西部警察で活躍した車両たち② DR30型スカイライン【マシンRS-1(指令車)】

f:id:yuttariyakumo381:20171011115320j:plain

西部警察PARTⅢ第16話「大門軍団フォーメーション」から登場したマシンRS-1、ベースとなったのは日産・スカイライン(DR30JFT型2000RSターボ・前期型)

ナンバーは「品川59 た 35-29」

追跡及び攻撃を目的とした指令車両の役割を担っている。

(ニューマシンデビュー時のナレーションより)

新たに日産自動車で設計・製作されたマシンは、いずれも高度にチューンナップされた最新式のターボエンジンを搭載した“スカイラインRSターボ”で、最高出力280馬力、最高速250km/h。この高性能に加え、攻撃車(RS-1)には「口径20mmのマシンガン」、および「アフターバーナー」による急加速装置を装備し、最高速度まで16.3秒で達します。

f:id:yuttariyakumo381:20171011115421j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011123028j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171011120516j:plain

フロントスポイラーにはマーシャルのフォグランプと赤色灯が装備される。

f:id:yuttariyakumo381:20171011115732j:plain

ボンネット上に装備されたエアアウトレット。

f:id:yuttariyakumo381:20171011115831j:plain

エアスプリットはFET極東(エアロクラフト)製。

f:id:yuttariyakumo381:20171011115914j:plain

エクストリームスプリットは純正オプションの「AD three」製。

f:id:yuttariyakumo381:20171011120053j:plain

リアスポイラーはFET極東(エアロクラフト)製の「システム3」。

f:id:yuttariyakumo381:20171011124303j:plain

タイヤはブリヂストンのポテンザRE91(205/55-16)、ホイールはエンケイ・メッシュ4。

f:id:yuttariyakumo381:20171031122458j:plain

リアタイヤは225/50-16。

f:id:yuttariyakumo381:20171011124504j:plain

フェンダープロテクラー、マッドガードは純正オプションの「AD three」製。


f:id:yuttariyakumo381:20171011115626j:plain

ルーフ上に装備された格納式の2連装20ミリ機銃。

f:id:yuttariyakumo381:20171031124329j:plain

2連装機銃を格納した状態。

f:id:yuttariyakumo381:20171011120140j:plain

大型のパトライトはオリジナルで真ん中の青いライトはキセノン散光灯。

f:id:yuttariyakumo381:20171011180412j:plain

リアウィンドーバイザーも純正オプションの「AD three」製。

f:id:yuttariyakumo381:20171011115657j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011120340j:plain

リアバンパー下に装着されたスリットスポイラー。

f:id:yuttariyakumo381:20171011120442j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011180102j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011124604j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011124650j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011124358j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011123133j:plain

助手席に搭載された大型コンピューター、乗車定員は1名で主に柴俊夫さん演じる山県刑事がステアリングを握ることが多かった。

f:id:yuttariyakumo381:20171011123352j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011123424j:plain

パルスドップラーシステム、周波数コントロール、目標物の平面・側面投影が可能な逆合成アパチャーレーダー(ISAR)、味方識別装置(IFF)、敵のレーダー波を逆探知するレーダーホーミング警戒装置(RHAWS)、オシロスコープと5インチモニター、八重洲の特殊無線機などが装備される。

f:id:yuttariyakumo381:20171011123456j:plain

ステアリングはナルディ製。

f:id:yuttariyakumo381:20171031122716j:plain

シフトレバーの左側にあるスイッチは2連装機銃のもの。

f:id:yuttariyakumo381:20171031122602j:plainf:id:yuttariyakumo381:20171011123816j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171011123934j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011124839j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171011124724j:plain

エンジンはFJ20ET型DOHC4気筒ターボ、エンジン出力は(FJ20ET改)280ps。最高時速265km。アフターバーナー(急加速装置)使用時の最高速度到達時間は16.3秒。


f:id:yuttariyakumo381:20171013224056j:image
f:id:yuttariyakumo381:20171013223856j:image

西部警察で活躍した車両たち① 【日産スーパーZ・ガルウィング(大門団長専用車)】

スーパーZ(SUPER Z)

マシンXに代わる大門団長の専用車として、西部警察PARTⅡの第15話「ニューフェイス!!西部機動軍団」よりマシンRSと共に登場しました。


f:id:yuttariyakumo381:20171002145051j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171001214458j:plain

【車両データ】

・ベース:日産フェアレディ280Z フルオートガルウイング2by2

・全長:4620mm

・全幅:1690mm

・全高:1305mm

・車両総重量:1645kg

・乗車定員:4名

 

【特殊装備】

・油圧ダンパー式フルオートガルウイング

・催涙弾発射銃

・左右可動式サーチライト

・煙幕発生装置(通称:スカンク)

・自動車電話(23区内)

・自爆装置

 

f:id:yuttariyakumo381:20171003164331j:plain

PARTⅡ第15話より。登場時のナンバーは「品川 59 た 35-27」となっておりましたが...

 

f:id:yuttariyakumo381:20171003164535j:plain

途中から「品川 33 た 35-27」になりました。

「エンジンが2800ccなのに5ナンバーはおかしい」という指摘があったようです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002145526j:plain

スーパーZ最大の特徴は、ドア窓からからルーフにかけて一体化されたガルウイング。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002145613j:plain

ガルウイング化の経緯は「運転しながら前方・左右に射撃が可能」という説もあるが...。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002152753j:plain

この車両の企画・開発者である福田正健氏によると「ベース車がTバールーフを採用していたため、構造的にガルウイングにしやすかった」とのこと。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002152954j:plain

ガルウイングの開閉は、車外からはBピラーにある鍵穴にキーを差し込んで回すと作動する。

 f:id:yuttariyakumo381:20171002153323j:plain

デビュー当時はまだ「ドアミラー」は認可されていなかったらしい...

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002145706j:plain

ボンネット上には催涙弾発射銃が2基搭載されており、上下左右への発射が可能。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171005141830j:plain

(PARTⅡ 第15話より)

 

f:id:yuttariyakumo381:20171005141946j:plain

(PARTⅡ 第15話より)

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002145932j:plain

催涙弾発射銃の後方にはフロントプロテクター(バグガード)が取り付けられております。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151444j:plain

ボンネットの裏側からみた催涙弾発射装置。現在は配線が外されているとのことです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151409j:plain

搭載されるエンジンは「L28E型」

【エンジン諸元】

・型式:KHGS130JABC1 水冷直列6気筒

・総排気量:2753cc

・最高出力:155/5200(ps/rpm)

・最大トルク:23.5/4000(kgm/rpm)

・トランスミッション:3速AT

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151110j:plain

赤色警告灯は昇降式

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002152702j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002153131j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002153505j:plain

フロントバンパー下には左右可動式サーチライトを装備

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151202j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151250j:plain


f:id:yuttariyakumo381:20171003204408j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171003204558j:image

リアバンパー下、センターの1本がマフラーで、左右2本は「煙幕発生装置(通称:スカンク)」が装備されております。

f:id:yuttariyakumo381:20171005142031j:plain

(PARTⅡ 第15話より)

 

f:id:yuttariyakumo381:20171005142055j:plain

(PARTⅡ 第15話より)

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151628j:plain

ホイールはSSRスーパーシャーク、タイヤはダンロップ(225-60-14)

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151811j:plain

ステアリングはノーマル

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206194357j:plainシフトレバーの前方にある操作パネルが催涙弾発射装置、赤いボタンが発射ボタン。

シフトレバー左側にはガルウイング、スカンク(煙幕発射装置)、サーチライト、パトライトの操作スイッチが配置されている。なお、いちばん左に位置する四角いボタンはパトライト内部に溜まった水を排出するためのポンプを作動させるスイッチ。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002153220j:plain

センターコンソールに配置された自動車電話は23区内での通話が可能。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171005142139j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002151859j:plain

助手席グローブボックスに配置された無線はAurex製。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171002152541j:plain

乗車定員は4名

 

スーパーZは大門団長専用車のため、基本的に渡哲也さんがステアリングを握っていたが、PARTⅡ第23話「凶悪の焔」、第40話「ペガサスの牙」などでは舘ひろしさん演じる鳩村刑事、PARTⅡ第24話「危険なロックンローラー」では御木裕さん演じる北条刑事、PARTⅢのオープニングや第16話「大門軍団フォーメーション」では柴俊夫さん演じる山県刑事、そしてPARTⅢ第23話「走る炎!!酒田大追跡-山形篇-」と 第43話「走れ一兵!成田発PM3」では、峰竜太氏演じる平尾一兵刑事もステアリングを握っていた。

 

f:id:yuttariyakumo381:20171031123416j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171031123312j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171031123344j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206194524j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206194440j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206194743j:plain

 

現在は東京・府中市にある「村山商事」さんで整備され大切に保管されております。


f:id:yuttariyakumo381:20171003204711j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171003204850j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171003204821j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171003205008j:image


f:id:yuttariyakumo381:20171003205048j:image

パミール釘に錆が発生しているかどうかの確認にお邪魔しました。

本日は世田谷区内にお邪魔しております。

ニチハのパミールの調査です。

この調査で必ず確認すること…それは「パミール釘に錆が発生しているかどうか」ということです。
f:id:yuttariyakumo381:20170929185509j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170929185608j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170929185621j:image

ご覧いただけると思いますが、釘頭が錆び、粉々になって表に出てきました。

パミール釘はほぼ間違いなく錆が発生します。

ただし…ある条件の屋根では錆が発生しないのです。

この「ある条件」については、またいつか記事にする予定です。