後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【瓦屋根】漆喰の重ね塗りは雨漏りに繋がる危険なリフォーム工事です。

悪質なリフォーム業者の被害にあわれた瓦屋根に遭遇しました。

 

瓦屋根…特に「和形」といわれる日本瓦の屋根において多く見られる間違ったリフォーム工事に「漆喰の重ね塗り」があります。


f:id:yuttariyakumo381:20191109202940j:image

こちらが悪質なリフォーム業者によって施工された「漆喰の重ね塗り」工事です。

 

上の写真のように熨斗(のし)瓦の表面ギリギリまで厚く塗られた漆喰は、熨斗瓦の継ぎ目から侵入した雨水の出口までも塞いでしままっているので、侵入して雨水は漆喰の内側を伝わっていき、やがて室内へと侵入し、結果雨漏りへとつながっていくのです。


f:id:yuttariyakumo381:20191109203356j:image

こちらが正しい漆喰の状態です。

漆喰の表面は熨斗(のし)瓦の奥に施工されていることが確認できます。

 

この状態であれば、熨斗瓦の継ぎ目から侵入した雨水は漆喰の外側に出るので、漆喰の内側に雨水が侵入することはありませんし、雨漏りに繋がることはありません。

 

漆喰の重ね塗り工事を勧めてくるのは、屋根の知識を持ち合わせていないリフォーム業者さんに多く、屋根専門業者ではこのような施工はまず行いません。

 

瓦屋根への漆喰の重ね塗りを提案されたときには…工事を提案してきた業者さんを疑うべきです。

 

そして信頼できる屋根専門業者さんにご相談されることをお勧めします。