後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

瓦屋根で漆喰補修(漆喰修理)を勧められたときに注意すべき点は?

 

外壁塗装(塗り替え)工事のときに勧められる工事のひとつに「漆喰補修工事」があります。

 

これは瓦屋根に該当するもので、悪質なリフォーム業者がよく指摘する項目でもあるのですが、屋根に関する知識を持ち合わせていないために間違った施工をされているケースが多く、雨漏りに繋がる危険があります。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403081042j:plain

(塗装業者による漆喰補修の見積り)

 

実際に調査した屋根を元に解説します。

 

S形瓦の場合

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403080148j:plain

リフォーム業者から「漆喰の剥がれ」を何度も指摘されたことで、不安になったお客様からの調査依頼でした。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403081641j:plain

屋根に上ると棟瓦(7寸丸)が波を打っているように歪んでいることが確認できました。

 

地震の揺れや台風などの強風で棟瓦がズレることもあるのですが、実はこういった症状のほとんどは「経年劣化」が元々の原因で、築20年以上経過している瓦屋根においては多く見られる症状なのです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403082047j:plain

こちらが「漆喰の剥がれ」です。

 

屋根を狙っている悪質なリフォーム業者が指摘する屋根の不具合の多くがこの「漆喰の剥がれ」なのです。

 

棟瓦の下の桟瓦にもズレが生じておりますので、全体的に経年劣化によって漆喰が剥がれ、地震等の揺れで瓦にズレが生じてしまったのです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403082540j:plain

見た目は問題のないようみ思えますが...

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403081931j:plain

漆喰の重ね塗りがされています。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403083042j:plain

棟瓦同士の重なり部分にも隙間ができております。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403082710j:plain

瓦先端から漆喰表面まで1センチほどしかありません。

本来であれば瓦先端から漆喰表面まで3センチ程度必要なのです。

 

日本瓦(和形)の場合

 

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403083312j:plain

こちらは日本瓦(和形)の漆喰の剥がれです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403083426j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403083641j:plain

棟を解体してみると元々の漆喰表面の上から漆喰を重ね塗りされているのが確認できます。

 

更に古い漆喰と重ね塗りした漆喰との間に隙間が発生しております。

 

これが雨漏りを誘発する原因になるため「漆喰の重ね塗り」という工事はやってはいけない屋根工事のひとつなのです。

 

築年数が20年以上経過し漆喰の剥がれが気になる場合の対処法は?

 

部分的に漆喰が剥がれている場合、費用を掛けたくないのであれば漆喰が剥がれた部分だけ漆喰を詰め直す工事も可能です。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403141829j:plain

 

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403141917j:plain

 

 

ただしこれはあくまでも「応急処置」的な修理なので、決してお勧めできる工事ではありません。

 

末永く安心していただくためには、やはり棟取り直し工事(棟積み直し工事)を行うほうが良いと思います。

 

なお現在の棟の取り直し工事は、耐震を考慮した耐震工法で施工するのが一般的です。

 

【S形瓦 棟取り直し工事 施工事例】

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403143310j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403143400j:plain

 

【日本瓦 棟積み直し工事 施工事例】

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403142701j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20190403142743j:plain

 

間違っても絶対にやってはいけない工事は漆喰の重ね塗り工事です。

 

もしもリフォーム業者さんからの見積もりに「漆喰補修」「漆喰修理」という記載があった場合、どのような工事でどのような施工方法なのかを確認してみてください。

 

もしそれが「漆喰の重ね塗り」であれば、そのリフォーム業者さんに工事を依頼するのは見合わせたほうが無難だと思います。