後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

新築そっくりさん(住友不動産)で施工した屋根リフォーム工事が凄い!

おかげさまで多くのお客様より屋根に関するご相談・お問い合わせを頂戴しております。

 

お客様からのご相談が多くなるにつれ、偶然にも同じ会社でリフォームをされていることがあります。

 

そして、そのご相談の内容は「リフォームをしたのに屋根に不具合が発生している」という、お客様にとっては「なぜ?」という疑問や、施工会社に対する「怒り・不満」といった内容になります。

 

ケース1 カバー工法で発覚した手抜き工事

 

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707170517j:plain

こちらの屋根は、数年前に新築そっくりさんでガルバリウム鋼板によるカバー工法で屋根の改修工事をされたそうなのですが...

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707171516j:plain

強風の影響で棟板金が飛散してしまったのです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707171651j:plain

こちらが落下してきた棟板金です。

こんなものが下を歩いている歩行者などに直撃したら...とんでもない大参事になるところでした。

 

この棟板金が飛散した原因、それは明らかな手抜き工事だったのです。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707172529j:plain

浮き上がった棟板金

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707172009j:plain

板金を固定している釘は下地の材木をかすめているだけ、釘は全く効いていない状態だったのです。

 

お客様から住友不動産の担当者に連絡を入れたのですが、その回答は「当時施工した屋根業者が辞めてしまったのでわからない」の一点張りで、全く相手にしてもらえなかったとか。

 

ケース2 日本瓦の屋根修理

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707172854j:plain

築30年を超えた日本瓦です。

 

2年程前にやはり住友不動産で屋根の修理をしたということですが、どうやら棟の漆喰の重ね塗りを行ったようです。

 

日本瓦の漆喰の重ね塗りが全く意味のない工事であることは、以前投稿したブログにも書かせていただいております。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707173244j:plain

これは日本瓦の葺き替え工事の際に撮影した写真です。

 

重ね塗りした漆喰は、経年によって剥離してしまいます。

表面だけ綺麗に見せる「漆喰の重ね塗り」は、全く意味がありません。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707173539j:plain

厚く塗られた漆喰に、コーキング処理。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707173653j:plain

漆喰の表面からのし瓦の端部までわずか5mm、本来であれば2段目、3段目ののし瓦の水を切るため、漆喰の表面は端部から30mm以上中に入ったところになければならないのです。

 

この状態では、将来雨漏りに繋がることは間違いありません。

 

f:id:yuttariyakumo381:20180707174537j:plain

瓦を剥がしてみました。

 

新築当時施工されたルーフィング材が縮んでしまい、野地板が見えてしまっています。

このような状態であれば、当然屋根の葺き替え工事などを提案するのがリフォームに携わる「プロ」の仕事なのですが、中途半端で無意味な棟瓦の修理をしたことで、そのときに掛かった費用(数十万円とお聞きしました)が無駄になってしまったのです。

 

大手のリフォーム会社だからといって、決して安心しないでください。

 

住友不動産、新築そっくりさんという、聞けばだれでも知っているようなリフォーム会社でも、屋根工事はこんな程度なのです。

 

だからと言って「大手は安心できない」ということではありません。

 

大手だろうが中小のリフォーム会社だろうが、その工事を手掛ける屋根工事会社さんが、屋根に関する豊富な経験と知識、そして技術を持ち合わせていれば、なにも心配する必要はありません。

 

どんなカタチであれ、屋根を修理・リフォームするのであれば、まずは工事内容の説明をしっかり聞いて、わからないことは何度でも質問し、納得したうえで工事を行うことが重要なのです。

そこに共通することは、明らかな手抜き工事が行われていることです。