後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

築15年前後のコロニアルが危ない!いまコロニアルに起きている問題とは?


f:id:yuttariyakumo381:20190902225436j:image

今年に入ってからコロニアルなどのスレート系屋根材に纏わるご相談が増えております。

 

その多くは外装リフォーム中に屋根を塗装するため高圧洗浄をしたことによって発生しております。


f:id:yuttariyakumo381:20190902225505j:image


f:id:yuttariyakumo381:20190902225505j:image


f:id:yuttariyakumo381:20190902225628j:image

 

築15年前後のコロニアルは、製造メーカーの推奨する塗装などのメンテナンス工事を行っても、ヒビ割れが発生していることは過去に書いたブログでもご紹介しておりますが、そのメンテナンス工事をしようとして上の写真のように多数の屋根材が割れてしまうのです。

 

築15年前後の屋根が全て…ということではありませんが、かなりの確率で同様の被害が発生する可能性は高いと言えます。

 

これらのことから、築15年前後経過したクボタ(現在のケイミュー)の屋根材は、明らかに製品に問題を抱えているということになります。

 

この件についてお困りの方は、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

 

「後悔しない屋根リフォーム」の方法をご提案差し上げます。