後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根の塗装は必要?屋根(コロニアル)を塗装する本当の目的とは?

外壁の塗り直し工事と一緒に行われることの多いコロニアル屋根の塗装工事ですが、コロニアルは塗装をしたからといって防水性能が向上することはありません。

 

ではコロニアルを塗装する目的とは一体なんでしょう?

 

コロニアルの塗装はあくまでも美観の維持・向上を目的としております。

 

塗装をしないから「雨漏りのリスクが上がる」などということはありません。

 

たしかに築年数が経過すれば色褪も起こりますし、汚れも目立ってきます。

 

しかし、だからといってコロニアルを塗らなければ雨漏りが起こるというのは、塗装業者さんの営業トークでしかありません。

 

仮に雨漏りが発生しているのであれば、それは塗装をしてないことで雨漏りが発生したのではなく、新築工事の際の施工不良によるものが原因なのです。

 

たしかに外壁を再塗装したことによって外観が綺麗になったのに、屋根が汚れたままだと不釣り合いかもしれません。

 

そういう面では外壁と一緒に屋根も…ということはごく当たり前の正しい選択です。

 

しかし「塗装しないと雨漏りの原因になる」という説明を受けたのであれば、それは間違っているということをご理解いただければと思います。