後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

築35年の日本瓦(青緑)はお父様がお気に入りの瓦だったそうです。

屋根の調査にお邪魔致しますと、それぞれのご家庭の事情を垣間見ることがあります。

今回は数年前に他界されたお父様が建てられた家を大切に守りたい...そんなご家族からの調査依頼です。

f:id:yuttariyakumo381:20170826175020j:plain

こちらは日本瓦(和型)で青緑(せいろく)と呼ばれています。

近くで工事をやっていたリフォーム業者に「瓦が歪んでいる」と声を掛けられたそうです。

早速屋根に上って調査を開始します。

f:id:yuttariyakumo381:20170826175624j:plain

瓦にズレが生じておりました。

これまでに多くの地震を経験してきておりますので、多少の歪みは致し方ないところではあります。

f:id:yuttariyakumo381:20170826175712j:plain

続いて隅棟をチェックします。

ところどころ銅線が切れているところがありますが、これは経年劣化によるものです。

f:id:yuttariyakumo381:20170826175907j:plain

のし瓦にもズレが生じておりました。

f:id:yuttariyakumo381:20170826180400j:plain

やはり漆喰も剥がれております。これも経年劣化によるものです。

f:id:yuttariyakumo381:20170826180004j:plain

桟瓦を数枚剥がして下地の状態もチェックします。

f:id:yuttariyakumo381:20170826180047j:plain

続いて本棟も確認します。

f:id:yuttariyakumo381:20170826180135j:plain

ところどころではありますが、のし瓦にズレが生じております。

今回の調査の結果を元に工事のご提案を差し上げます。

瓦に発生したズレ・歪みを修正することと、棟の積み直し工事を行うことで、お父様が大切にされていた瓦屋根を復活させることができます。

他界されたお父様が大切にされていた家を守っていきたい...。

そんなご家族のためにも、精一杯工事をすすめさせていただく所存でございます。