後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【住宅リフォーム】悪質な訪問販売のリフォーム営業にご注意を…

ここのところ毎日のように屋根調査のご依頼を承っております。

f:id:yuttariyakumo381:20170609113522j:plain

ご依頼いただく内容は様々ですが、その中でも特に多いのは「通りすがりの業者」から屋根の不具合を指摘され、不安な気持ちになられたお客様からのご相談です。

 

カラーベスト・コロニアルなどのスレート系屋根材において特に多い営業トークは…

「棟の板金が浮き上がってる」

「板金の釘が抜けてきている」

「棟の板金が捲れてる」

「スレートが浮いてる」

といったところです。

 

瓦屋根における営業トークは…

「漆喰が剥がれている」

「棟の瓦が歪んでる」

「瓦がズレて落ちそう」

などです。

 

その他では…

「近くで工事をしていてお宅の屋根がおかしい」

「親方から屋根がおかしいから言ってこいと言われて来たんですが…」

 

お客様の不安を煽り、その場で修理や点検を申し出てくる…

 

酷いケースになると「隣の屋根を点検したいからお宅の屋根に上がらせてほしい」と言ってきたリフォーム業者(世田谷区内のある業者です)や、道路工事などと偽って「とにかく顔を出せ」と怒鳴りつけられたお客様もいらっしゃいました。

 

悪質なリフォーム営業から大切な住まいを守る秘訣、それは「相手にしない」ただこれだけです。

 

突然訪問してきて名前と目的を名乗らない場合、特に気をつけてくださいね。