後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【調布市から横浜市青葉区へ】屋根の点検調査と修理にお邪魔しております...

本日は調布市にお邪魔しております。

調布市といえば...私の大好きな刑事ドラマ「西部警察」を制作した、石原プロモーションのある調布市です。

f:id:yuttariyakumo381:20170909163253j:plain

(調布駅前にある石原プロモーション)

調布市に来た目的は...この看板を撮影するのが目的ではありません。

築12年で屋根材がパミールだというお客様より調査のご依頼がございました。

早速屋根に上ってみたいと思います。

f:id:yuttariyakumo381:20170909164129j:plain

パミール特有の「表層剥離」が始まっております。

f:id:yuttariyakumo381:20170909164314j:plain

パミールへの改修工事は「葺き替え工事」又は「重ね葺き工事」のどちらかとなりますが、今回のお客様は「葺き替え工事」をご希望されておりますので、後日改めてお見積書を提出させていただくことになりました。

調査の後は屋根修理

調布市での調査が終わったら、今度は横浜市青葉区へと移動します。

こちらは現在外装リフォーム中なのですが、屋根瓦に割れがあるということでしたので早速修理に伺います。

f:id:yuttariyakumo381:20170909165033j:plain

 

この瓦は「ローマンLL-40R」という瓦で、栄四郎瓦(丸栄陶業から社名変更)の陶器瓦です。

f:id:yuttariyakumo381:20170909165304j:plain

割れたところは養生テープが貼ってありました。

早速修理に取り掛かります。

f:id:yuttariyakumo381:20170909165522j:plain

新しい瓦と交換するには、まず割れた瓦の破片を全て除去する必要があります。

その後新品の瓦を差し込むのですが、この時に少しだけ瓦を「加工」する作業が必要です。これをしないと瓦を納めることが出来ないからです。

f:id:yuttariyakumo381:20170909165726j:plain

そして新しい瓦を差し込んで修理完了です。

 

この後は世田谷区内へ再度屋根の調査にお伺いいたしました。

その調査の様子はまた後日お知らせしたいと思います。