後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根カバー工法や葺き替え工事など、屋根面積や数値を大幅に水増した見積書にご注意ください!

屋根リフォームにおいて業者さんが出される見積書、でもその見積書に記載されている屋根面積や各部位の数値はいったいどうやって出されるのでしょうか。

 

戸建て住宅にお住いの方であれば「建築図面」というものがお手元にあると思います。

 

お手元にある図面から平面図、立面図を元に屋根積算ソフトを使うことで正確な数値が算出されます。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226171656j:plain

(屋根積算ソフトのイメージ)

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226172458j:plain

(平面図)

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226172532j:plain

(立面図)

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226173156j:plain

(積算ソフトで作成した屋根形状図)

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226173747j:plain

(積算ソフトから算出された数値)

 

しかし築年数が古い住宅になればなるほど「図面がどこにあるかわからない」といったケースも多々あり、この場合は屋根を実測することが不可欠なのです。

 

私の場合、小さなノートを携行して屋根に上り必要な寸法を書き、後程各部位の数値や面積を計算して見積書に反映させております。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226174129j:plain

(私が現地で採寸したときのメモ)

 

お客様は屋根に上ること出来ません。

 

これをいいことに面積や数値を水増ししている業者が多いことをご存知でしょうか?

 

①水増しされた見積書(A社)

 

先日お問い合わせをくださっお客様より、リフォーム業者が実際に提出してきた見積書を拝見したところ...

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226174744j:plain

こちらは屋根カバー工法の見積書です。

 

続いて私が図面を元に算出した屋根データです。

f:id:yuttariyakumo381:20190226180114j:plain

 

【面積】89.3㎡に対し、リフォーム業者が出した数値は95㎡。

【軒先】31.84mに対し、リフォーム業者が出した数値は24.3m。

【ケラバ】15.3mに対し、リフォーム業者が出した数値は21.1m。

 

驚くべきことは屋根勾配が5寸勾配なのにも関わらず、リフォーム業者は「大屋根急勾配6寸」という項目が記載されている点です。

 

このように、いかにいい加減な見積書であるかが判明したのであります。

 

②水増しされた見積書(定額屋根修理)

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226180708j:plain

続いてネットでの集客に注力している屋根リフォーム会社「定額屋根修理」の出した見積書です。

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226180753j:plain

こちらの見積内容は瓦棒葺き屋根の葺き替え工事です。

 

見積書に記載されている数値は以下の通りです。

 

【屋根面積】76㎡

【軒先唐草】21m

【ケラバ板金】21m

 

しかし私が現地で実測させていただいた結果は...

 

f:id:yuttariyakumo381:20190226181158j:plain

【屋根面積】57.8㎡

【軒先唐草】20.3m

【ケラバ唐草】18.5m

 

屋根面積でなんと18.2㎡も水増しされていたことが判明いたしました。

 

軒先の数値もケラバの数値も全くのデタラメ…

 

ここまで数値が異なると、屋根の測定の仕方を知らないか、分かっていながら水増ししているかのどちらかでしょう。

 

ただ以前他のお客様のお宅でも同様のケースに遭遇したことがあり、そのときも全く同じように私が実測した数値と定額屋根修理が出した数値には大きな誤差が生じていたことがありました。

 

これは単なる偶然ではないと私は考えております。

 

つまり…

 

ハッキリいって詐欺に近い見積書ですよね。

 

このように一部のリフォーム業者では、見積書の数値を水増ししている事例は少なくありません。

 

よって提出された見積書に記載されている面積や数値が本当に適正なものかどうか、今一度検証する必要があるかと思います。

 

他社さんで出された見積書に記載されている面積や数値など、適正かどうか検証されたい方はお気軽にお申し付けください。