後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

西部警察に登場した特別機動車両「サファリ」を徹底解析しました!

特別機動車両 サファリ4WD

f:id:yuttariyakumo381:20171226214754j:plain

ベース車は日産・サファリ エクストラバン(VRG160型)

PARTⅠ第111話「出動命令 特車“サファリ”」で初登場。

特別機動車両隊(通称「特機隊」)の旗艦となる指令車で定員は3名。

劇中ではこの車両は大門が発注した唯一の車両である 

ナンバーはPART-I第111話〜第116話までは「品川88そ49-31」、PART-I第117話〜PART-II第11話までは「品川88た71-11」、PART-II第18話以降は「品川88た11-10」。PART-II第29話のみ「品川88た15-22」。

ドライバーはPARTⅠでは苅谷俊介さん演じる源田刑事が、PARTⅡ以降は御木裕さん演じる北条刑事と峰竜太さん演じる平尾刑事がメインだった。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193349j:plain

フロントバンパーは延長され、直径40mmの鋼管製グリルガード、IPF製(当時はシビエ製)のフォグランプなどが追加されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193317j:plain

フロントバンパー装備された散水銃2門(第1、第2放水銃)

f:id:yuttariyakumo381:20171206193628j:plain

本編では使用されることのなかったウインチは、4.7トンまで耐えられる。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223009j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20171226223032j:plain

ルーフはスライド式。劇中では電動で開閉が可能だったが、実際はスライド後に支柱を立てて支えていた。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223501j:plain

ルーフをオープンさせたときの支柱の根元。

f:id:yuttariyakumo381:20171226223539j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113191037j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206193842j:plain

サーチライトにパトライト、ルーフの高圧放水銃2門(第3、第4放水銃)、潜望鏡式ビデオカメラ・レーダーを装備し、無線だけでなく電話回線の傍受・盗聴も可能。

f:id:yuttariyakumo381:20180113193953j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113193743j:plain

放水銃は脱着式。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193506j:plain車内後部配置された大型コンピューター。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193413j:plain

ビデオカメラで録画された映像は車内のモニターで見ることができる。自動車電話も装備されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226215059j:plain

丸い画面は50km四方を探知可能なサーチレーダー。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193441j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20171206193529j:plain

助手席側後部ドアの窓部分。窓ガラスではなく跳ね上げ式の扉に変更されている。車内側には都内の地図が掲示されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221303j:plain

助手席側、最後部の窓も塞がれ跳ね上げ式の扉へと変更されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171226215324j:plain

車内からみた助手席側最後部の跳ね上げ式の扉。やはり地図が掲示されている。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193653j:plain

ホイールはエンケイBAJA

f:id:yuttariyakumo381:20171206193717j:plain

タイヤサイズはフロントが7.00-15 8PR。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221630j:plain

リアは7.5-15 10PR、RIKENのLT7が装着されている。

f:id:yuttariyakumo381:20180113192444j:plain

通常マフラーは後方に配置されるが、リアには放水用の配管が装備されているためサイドマフラーに変更されている。

f:id:yuttariyakumo381:20180113190931j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113190942j:plain

リアゲート(リアハッチドア)はノーマル同様に観音開き。

f:id:yuttariyakumo381:20180113191002j:plain

かつてマイカル小樽にあった「石原プロワールド・西部警察」内で展示されていたときにはリアシートが撤去されていた記憶が...。

f:id:yuttariyakumo381:20171226222215j:plain

タンク車を牽引するためのフック。ただ残念ながらタンク車は現存していない。

f:id:yuttariyakumo381:20171226222412j:plain

タンク車からの給水に使用される水栓。(写真は助手席側で運転席側にも同様の水栓が配置される)

f:id:yuttariyakumo381:20171226222758j:plain

運転席側最後部に設置されたアンテナ。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221845j:plain

車内の様子。ステアリング、その他は基本的にノーマルのまま。

f:id:yuttariyakumo381:20171226221954j:plain

シフトレバー手前に配置されているナゾの機器、展示の際の電源装置と思われる。

f:id:yuttariyakumo381:20171206193803j:plain

走行距離は7828km、ガゼールを除いた特殊車両のなかではいちばん走行距離が少ない。

制作期間は6か月、制作費用は5000万円だったとか...。

PART-III第52話が最後の出番となり、以降本編に登場することはなかった。

そのため特殊車両の中では登場回数がいちばん少ない。

f:id:yuttariyakumo381:20180113195141j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113195411j:plain

2016年1月に調布市政施行60周年イベントではマシンX、ゴリラ警視庁捜査第8班に登場したガルウィング・スタリオンと共に展示されました。f:id:yuttariyakumo381:20180113194831j:plain

 

f:id:yuttariyakumo381:20180113190031j:plain

現在は西部警察に登場した数々の特殊車両たちと共に東京・府中市にある「村山商事」さんで大切に整備・保管されております。