後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

ニチハのパミールに発生した異常を発見して今年で10年になりました…

ニチハのパミールに発生している「表層剥離」や「パミール釘の不具合」を発見してから、今年でちょうど10年になります。

最初に発見したのは横浜市都筑区でした。

それ以来、多くのお客様の屋根の改修工事を施工させていただいております。

そして、本日もまたパミールの点検調査にお邪魔しております。
f:id:yuttariyakumo381:20170916135349j:image

築16年目のパミールです。
f:id:yuttariyakumo381:20170916135515j:image

視線の先にある屋根の状態は…
f:id:yuttariyakumo381:20170916135549j:image

これまで多くのパミールを見てきておりますので、今更驚くことはありません。
【過去の調査写真より】
f:id:yuttariyakumo381:20170916144009j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170916144023j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170916144039j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170916144111j:image
f:id:yuttariyakumo381:20170916144133j:image

それに、いくら屋根材がボロボロになっていようと、雨が漏ってくることもありません。

不幸にもご自宅の屋根材にパミールが使われていたときは…

 

今や多くのリフォーム業者さんがパミールの改修工事を施工されております。

金属屋根材(ガルバリウム鋼鈑)を使ったり、ニチハから無償支給されるアスファルトシングル「アルマ」を使った「カバー工法」と言われる改修工事です。

ただ、なかには施工マニュアル通りに工事を行っていなかったり、お客様に対して「すぐに工事をしないと雨漏りしますよ…」といった不安を煽る営業トークなど、明らかに「悪質」と思われるリフォーム業者さんが多すぎるのです。

たしかに屋根はボロボロな状態です。でも、だからといってすぐに雨漏りすることはありません。

だから、慌てて改修工事をする必要はないのです。

いま必要なこと、それは将来発生するであろう、屋根のメンテナンス費用や建物への負担などを考慮したうえで、適切な正しい改修工事をしてあげることなのです。

参考までに…

ガルバリウム鋼鈑を使ったカバー工法は、個人経営の板金屋さん、個人経営の屋根業者さんであれば割安な傾向にあります。

ただ、リフォーム業者さんは、かなり高額な価格設定がされておりますので、くれぐれもご注意を…