後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根塗装工事後のトラブルを防ぐために...塗装業者さんを見極める方法

過去にもご紹介差し上げましたが「絶対に塗装をしてはいけない屋根材」屋根材のひとつがニチハのパミールです。

パミールに発生する不具合として最も有名な症状は、屋根材がミルフィーユ状に剥離をする「表層剥離」です。

f:id:yuttariyakumo381:20170907105306j:plain

以前ニチハの某営業マンが「5年ごとに塗装をすれば...」なんてことを話しておりましたが、塗装をしたところで表層剥離を止めることは出来ません。

万が一塗装をしてしまうと...

f:id:yuttariyakumo381:20170907105736j:plainf:id:yuttariyakumo381:20170907110933j:plain

(塗装工事後に発生した表層剥離)

しかし、残念ながら屋根材に関する知識が乏しい塗装業者さんにおいて、パミールであっても平気で塗装をされているようで、塗装工事後にトラブルに発展するケースも増えてきております。

このようなトラブルを未然に防ぐためには、まず塗装工事前に必ず屋根材の種類を確認する必要があります。

屋根の塗装を依頼される工事業者さんの行動を見極める

もしも屋根の塗装をご検討中であれば、以下の点を注意して業者さんを見極めてください。

①屋根に上らないで塗装工事の見積を出す

外観だけで判断する塗装業者さんは大変危険です。

屋根に上らないと詳しい状況は判断できません。

地上から屋根を見上げて判断す業者さんには注意してください。

②建築図面だけで屋根材を判断する

仕様書に「化粧スレート葺き」「カラーベストコロニアル葺き」などと記載がある場合は特に注意が必要です。

屋根材が何なのかを特定できない業者さんは、屋根に対する知識を持ち合わせていない可能性もあります。

③頻繁に「市民講座」と題してセミナーや講座を開催している塗装業者

公共施設において「市民講座」として開催される講座やセミナーを通じて紹介された業者さんは、説明はとても丁寧なのですが「頼んでもいないのにいきなり契約書をもって来られた」といった詐欺まがいのトラブルにつながる恐れもあります。

④通りすがりのリフォーム営業

「近くで工事をやっているのですが...」「見本工事で今なら半額でできます...」など、言葉巧みに営業してくる通りすがりのリフォーム営業ですが、ハッキリ申し上げますと訪問販売してくるリフォーム業者にまともな業者は存在しません。

 

万が一誤って工事契約書にサインをしてしまった場合、契約書面を受け取った日を含んで8日以内ならクーリングオフ(無条件解除)ができます。

 

塗装業者さん選びのひとつの方法として、参考にしていただければ幸いです。