後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根修理・屋根リフォームの工事金額と契約について

屋根業界で長くリフォームに携わっていると...

「いくらでできるの?」

といったお問い合わせをいただくことが多々あります。

誰もが気になる屋根修理や屋根リフォームの工事価格ですが、これはご依頼いただく工事内容や工事の範囲、現在の屋根の傷み具合などによって、価格は大きく変動してまいります。

屋根の形状はその住宅によって様々です。大きさが変われば使う部材の数量も変わってきますし、形状が複雑になればなるほど施工する手数も多くかかります。

また足場を必要とする工事の場合、ご自宅立地条件によっては道路使用許可や道路占有許可などの申請が必要になり、この申請をするのにも書類作成や届け出といった「業務」が発生します。

道路使用許可や道路占有許可が必要な場合には、工事中ガードマンを常駐させる必要もございます。

よってかんたんに「いくらでできる?」と尋ねられても、現状を拝見しない限りは正確な金額はお出しすることが出来ないのです。

正確な金額を知りたいのであれば、まずは現地調査を依頼して見積もりを出してもらいましょう。

契約を急がせる業者にはご注意を!

見積書をすぐに出してきて「今契約していただけるなら...」といった業者さんは、特に注意が必要です。

このような手口は、訪問販売によるリフォーム営業がよく使う手口です。

お客様のためのリフォーム工事なのですから、本来であればお客様のご都合に合わせて契約を結んだり、工事の日程を決めるものです。

契約を急がせたり、或いは値引きをチラつかせ契約を迫るような業者は特に注意が必要です。

f:id:yuttariyakumo381:20170726155817j:plain

また、最近は通りすがりのリフォーム営業から、屋根の不具合を指摘されるケースが増加しております。

基本的に通りすがりのリフォーム営業は「棟板金が捲れている」「釘が抜けている」などお声をかけ、「釘を数本打てば直りますから」などと言って、とにかく屋根に上がろうとしてきます。

このような業者は、ほとんどが「怪しい」業者なので、くれぐれも気を付けてくださいね。