後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

松下電工の屋根材【レサス】について

f:id:yuttariyakumo381:20170707092536j:plain

松下電工の「レサス」は1999年(平成11年)~2006年(平成18年)にかけて製造・販売された屋根材です。

実はこの屋根材、すでに多くの方がご存じだと思いますが、屋根材が割れ、欠片が落下してくるといった事態が発生しております。

f:id:yuttariyakumo381:20170714083009j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20170714082940j:plain

そして、調査のため屋根に上れば上るほど「パキッ」という乾いた音が発生し、更に割れが拡大していくという、極めて危険な屋根材なのです。

塗装工事後に割れが拡大するケースも

f:id:yuttariyakumo381:20170714082827j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20170707093648j:plain

上の2枚の写真は塗装工事後2年ほど経過したレサスです。

塗装工事後数年を経過するとこのように割れた欠片が脱落してくる危険性があります。

万が一ご自宅の屋根材が松下電工の「レサス」であったならば、早めの点検・調査をお願いします。