後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

屋根塗装を勧められたときに注意すべきこと

リフォーム会社さん、塗装業者さんなどが勧める外壁や屋根の再塗装時期は、およそ築10年目が目安となっているようです。

しかし屋根材メーカーであるケイミューが推奨する屋根の再塗装時期は...

f:id:yuttariyakumo381:20170626181329j:plain

屋根材によってメンテナンス時期が異なっておりますが、大手ハウスメーカーさんにおいて採用実績の多い「グラッサシリーズ」などの屋根材は、基本的に塗装工事が不要となっております。

カラーベスト・コロニアルシリーズの中で最も流通していると思われる「コロニアルクァッド」という屋根材においては、10年毎に点検行ったうえで美観上必要と思われれば再塗装という表記がされております。

しかし発売元のケイミュー株式会社からは「自社の屋根材における色褪せ・変色・汚れが目立つ場合においても屋根材としての基本性能は問題ない」という見解を示しております。

リフォーム業者の営業トークはメーカーの見解と真っ向から対立

屋根材の製造元が「表面の色が薄くなったり、汚れが付いた場合でも屋根材としての基本性能に問題はない」としています。

これに対し塗装業者さんは「色が薄くなると防水性能が落ちて雨漏りするリスクが高まる」と話し、屋根塗装を勧められるようです。

実際のところはどうなんでしょうか?

f:id:yuttariyakumo381:20170626182431j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20170626182550j:plain

築10年目のコロニアルグラッサが使われた屋根の調査に伺いました。

屋根面によって経年による汚れはついておりますが、色褪せは発生しておりません。

このことからも、ケイミューから発売された屋根材(グラッサシリーズ)は、10年で再塗装は不要であるということが言えると思います。

どうしても再塗装をしたいのであれば...

しかしそうはいっても「外壁を綺麗にするなら屋根も綺麗にしたい」というご要望もあると思います。

そこで「カラーベスト」「コロニアル」などのスレート系屋根材への塗装工事のために、製造メーカーである「ケイミュー株式会社」から純正の塗料が発売されていることはご存知でしょうか?

f:id:yuttariyakumo381:20170626174539p:plain

ケイミュー株式会社から現在発売されている屋根材は、全部で18種類(2017年6月現在)ございます。

そして各屋根材に適合する専用の塗料が、ケイミューから発売されているのです。

屋根の塗装をご検討されているのであれば、屋根材メーカーから発売されている純正塗料を使っての再塗装工事をされてはいかがでしょうか?

 

なお、屋根塗装には屋根に関する知識も必要になります。

また施工方法も塗装業者さんによって異なりますので、詳しくお知りになりたい方はご遠慮なくお気にご相談ください。