後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

公共施設で開催されるリフォーム相談会に潜む罠と業者の思惑

戸建住宅にお住いの方で「リフォーム」をご検討されている方は必見です。

世の中に多く存在するリフォーム会社ですが「どこに頼めばいいのだろう」といった悩みを抱えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

このリフォーム業者選びにおいて「区役所(市役所)で紹介してもらった」「市のリフォーム相談会に参加した」というお客様がいらっしゃいます。

実はこのような行政が管轄する公共施設で開催される「リフォーム相談会」「リフォームセミナー」には、大きな落とし穴が待ち構えているかもそれません。

今回は横浜市にお住いのお客様のケースをご紹介します。

リフォーム相談会に参加、その後...

 新聞の折り込みチラシに「リフォームセミナー開催」と書いてあったので、いい機会だと思って参加されたそうです。

実際にお話を伺うと「公共施設で開催しているから安心できる業者さんだと思った」というのがお客様の率直な感想でした。

そこでまずは見積を...と考え、後日その業者さんが調査にいらっしゃったときに思いがけないことが発覚したのです。それは「屋根が塗装出来ない」ということだったのです。

その屋根材とは...あのニチハのパミールだったのです。

f:id:yuttariyakumo381:20170622093202j:plain

そして勧められた工事が「カバー工法」だったのです。

実際に塗装業者さんが持ってきた「スーパーガルベスト」というガルバリウム鋼板の屋根材を使ったカバー工法の見積金額を見ると...

f:id:yuttariyakumo381:20170622103455j:plain

(スーパーガルベストという金属屋根材の見積金額)

実はリフォーム業者さんがカバー工法を勧めたがる秘密がこの「価格」にもあるのです。

「葺き替え工事」よりも「カバー工法」のほうが安いというのが塗装業者さんやリフォーム業者さんの見解ですが、実は「カバー工法」のほうが明らかに高い金額になっている事実をご存知でしょうか?

見積金額において定価の50%OFFという表記は、景品表示法に基づく措置命令の対象に該当する可能性があります

これは実際に提供できる価格が19.520円なのに「定価」を高く表示することによって、消費者に対し「安い」という誤ったイメージを与えている、これは明らかな違法行為で「不当景品額及び不当表示防止法」に違反していると思われます。

多くの塗装業者さんがお勧めしているこの「スーパーガルベスト」という金属屋根材、ネットで調べると扱っているのはほとんどが塗装業者さんで、金額もメーカーも不明な点が多い屋根材なのです。

 

これこそがリフォーム業者の手口なのです!

行政が管轄する公共施設の会議室等は、比較的安い金額で使用することができます。

そういった施設で相談会などを開催することによって、消費者は「安心できる業者」「市が紹介してくれた」という勘違いをしてしまうのです。

使用料を支払ってでもリフォーム相談会を開催して、そこに来たお客さんと見積のための現地調査が確約できれば...これこそがリフォーム業者さんの思惑なのです。

リフォームしたい人が相談に来るんです。

行政が関係していると思わせることで「信用できる業者」「信頼できる業者」だというイメージを消費者に与えることができるのですから...

ここ数年は様々なリフォーム業者さんが屋根工事を手掛けられております。

その中には知識もないまま、「カバー工法」を勧めている業者さんもいらっしゃいます。

何故なのでしょうか?それはそのリフォームがその場限りの「金儲け」の場となり、消費者のことは全く考えない、自らの利益のためのリフォーム工事をやっているからなのです。

特が行政が関わっていると思わせるような場所で開催されているリフォーム相談会、リフォーム勉強会といったイベントは、通りすがりのリフォーム業者と同じくらい大変危険です。自ら罠に掛かるようなものです。

なお、最近は郵便局の一角を間借りして同様の相談会なるものが開催されているようです。

信頼できるリフォーム会社を探すには...

では信頼できるリフォーム会社さんはどうやって探すのが良いのでしょうか?

消去法でいくとやはり大手ハウスメーカーの直系リフォーム会社がいちばん安心できると思います。

外装から内装まで一括してやっていただけるのは手間がかからなくて良いのですが、金額はそれなりに高くなってしまいます。しかし高いお金を払った分の見返り(補償やクレームへの対応など)はそれなりにあると思います。

住宅展示場などでも定期的にリフォームイベントが開催されていますから、気になる方はぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

内装関連(キッチン、お風呂、トイレなど)のリフォームであれば、それぞれのメーカー(TOTO、LIXILなど)のショールームで開催されているリフォーム相談会などに足を運び、そこでご相談されると良いと思います。

外壁の塗装については塗料メーカー(日本ペイント関西ペイントエスケー化研など)さんから紹介してもらうという方法もアリだと思います。

そして屋根...これは「全日本瓦工事業連盟」という全国組織に加盟した会社で、各屋根材メーカーの「施工登録店」として登録されている会社であれば、ほぼ間違いないと思います。

スレート系屋根材を販売する「ケイミュー株式会社」では屋根、外壁(サイディング)、雨樋などを取り扱っていますので、お近くにショールームがあれば足を運んでみるのも良いかもしれません。

失敗しないためのリフォーム工事、それは信頼できる業者さんを探すことからです。

ネットや折り込みチラシなどの情報に惑わされないように注意してくださいね!