後悔しないための本当に正しい屋根リフォームがここにある!

屋根業界にいるから伝えられる真実...屋根の点検・調査から見た屋根の状態や屋根リフォーム工事の様子、悪質なリフォーム営業の手口、はたまた趣味のお話しなど、皆様のためになる話題をご紹介していきたいと思います。

【屋根調査】クボタ・アーバニー編

本日も屋根の調査にお邪魔しました。

場所は世田谷区内、築20年で屋根材はクボタ(現:ケイミュー)のアーバニーという屋根材でした。
f:id:yuttariyakumo381:20170612213843j:plain

このアーバニーという屋根材、経年劣化により屋根材が割れ、その陰らなかったがズレてくるという事例が多い屋根材です。

早速調査を開始します。

f:id:yuttariyakumo381:20170612214003j:plain

過去に塗装歴があることがわかります。

スレート系の屋根材のメンテナンス工事として一般的に10年~20年目で行われている屋根塗装ですが…屋根業者の立場から申し上げますと、10年目での塗装工事は屋根の寿命を短くする工事なので、基本的にお勧めはしません。まぁこのお話しはまたの機会にこのブログにてご説明したいと思います。

話しがそれましたが…調査を進めると案の定割れているところを発見しました。

f:id:yuttariyakumo381:20170612213823j:plain

このまま放置しておくことは出来ませんので、応急処置をさせていただきます。

f:id:yuttariyakumo381:20170612214049j:plain

f:id:yuttariyakumo381:20170612214137j:plain

簡易的ではありますが、基本的にはこれで問題はありません。

しかし…築年数、屋根材の状態、今後のメンテナンスコスト等様々な視点から考慮して、今回は「屋根葺き替え工事」をお客様にご提案差し上げました。

築20年でアスベスト含有屋根材の場合、多くのリフォーム会社さんがお勧めするのはガルバリウム鋼鈑を使った「カバー工法」なのですが、私は決してお勧めしません。

それは…カバー工法のほうが価格も高く、工期も長くかかるからです。

このあたりについても、近日中にこのブログを通じて皆様にお話しをする予定です。

ぜひお楽しみに…